プライスライン

プライスライン

(左)宿泊したい都市・地域を選び、ホテルの☆数を選んで、希望宿泊価格を入力すると、サイトが、それにマッチしたホテルをひとつだけ提示。他サイトより60%も安く宿泊できることもある

(右)プライスライングループの2013年の利益は5.7億ドルで、前年比40%増と成長

 ホテル予約サイトで価格を比較しても、どこも似たり寄ったりで大差がないもの。☆数の多いホテルに格安で泊まりたいならプライスラインがおすすめだ。同サイトでは、宿泊したい地域を選んで、☆数を選択、その☆数のホテルにいくらで宿泊したいかを入力すると、サイト側がそれに適合するホテルをひとつだけ探し出してくれる。いわば、ユーザーが値段をbetするのだ。適合するホテルが見つかった場合は、その時点でカードにチャージされるので、そのホテルに宿泊しなければならない。見つからなかった場合は、入力を変更して、再チャレンジが可能だ。

Priceline

Web: www.priceline.com

コールド・プレスト・ジュース

コールド・プレスト・ジュース

コールド・プレスト・ジュースを多種揃えているホールフーズ・マーケット。1本6〜12ドルの価格帯が中心だ

 摩擦熱で栄養素や酸素が減少していた従来の高速回転ではなく、低回転で強い圧力をかけて作られた“コールド・プレスト・ジュース”が流行っている。ケール、パセリ、セロリ、キュウリ、ホウレンソウ、ジンジャー、バニラ、カシューナッツ、シナモン、アガヴェ、ロメイン・レタスなど、多種の野菜やハーブがプレスされているのが特徴だ。LAでは、専門店“プレスト・ジューサリー”が成長しており、需要に対応するため、同社はカリフォルニア中部に工場を建設中だ。

Pressed Juicery

Pressed Juicery

ウエストウッドにあるプレスト・ジューサリーでは、店頭で試飲サービスを行うこともある

住所: 10878 Kinross Ave., Los Angeles
Tel: 310-443-1414
Web: www.pressedjuicery.com

クロナッツ

クロナッツ

ニューヨーク発祥のクローナツ。横からみると何層にも分かれていてクロワッサン風だが、穴が開いたその形はドーナツ風

 新フードとして注目したいのが、ニューヨークのソーホーにある“ドミニク・アンセル・ベーカリー”のフランス人パティシエが生み出した、クロワッサンとドーナツのハイブリッド“クロナッツ”。LAでは、サンタモニカの老舗ドーナツ店“DK’sドーナツ&ベーカリー”などで食べることができる。クロワッサンを作るのに使う特別な生地を揚げて、シュガーをまぶしたもので、カラメルやヌテラなどのクリームが挟まれていたり、ベーコンが乗せられていたりする。

DK’s Donuts & Bakery

DK’s Donuts & Bakery

スイート系のクローナツ以外にも、ベーコンを乗せた食事感覚のクローナツもある

住所: 1614 Santa Monica Blvd.,
    Santa Monica
Tel: 310-829-2512
Web: www.dksdonuts.com

ナッツミルク

ナッツミルク

スーパーでは、アーモンドミルクやココナッツミルクをベースにしたアイスクリームも多種販売されるようになった

 ナッツは食べるのではなく、飲む時代に入った。アーモンド、ココナッツ、カシューなどのナッツやライスから摂れる“プラント・ミルク”がスーパーで多種登場している。中でも、今、人気があるのがアーモンドミルクで、プラント・ミルク市場の55%以上を占めるまでに成長した。飽和脂肪酸を含まず、カロリーは豆乳よりも低く、ビタミンEが豊富というヘルシーさが人気の秘密だ。これまで人気が高かった豆乳の売上げは、逆に減少しているという。

ブルーダイアモンド

ブルーダイアモンド

アーモンド、ココナッツ、カシューナッツなどナッツベースのミルクの人気が高まっている

住所: 1701 C St., Sacramento
Tel: 800-987-2329
Web: www.bluediamond.com

“健康”と“カスタムメイド”というトレンド

 この特集では、主に、“健康”をキーワードにした注目の商品を紹介したが、“健康”と“カスタムメイド”というトレンドはこれからも続きそうだ。

 例えば、マクドナルドは今、“Build your own burger”をコンセプトにしたサービスをいくつかの店舗でテストしている。客は、iPadで、パンやチーズ、ワカモレ、トルティーヤなど好きな食材を選んで、自分好みのバーガーを作ることができるが、これも、個人個人の健康に留意できるカスタムサービスと言っていいだろう。

 日本では青汁として知られている原始キャベツ、ケールもここ数年、日欧米で食材としての人気が高まっている。ケール入りのスムージーはもちろん、ケールサラダはレストランでよく見かけるアイテムとなったが、これも健康意識が一層高まっている証拠と言えるかもしれない。

 世界的に成長している自販機市場にも注目したい。今回は、靴の自販機を紹介したが、他にも、カップケーキやピザ、ゴールド、本、フェラーリのレンタル契約書などを販売する自販機もあり、今後も日本の自販機では扱われていないようなユニークなアイテムが売られていきそうだ。

 クラウド・ファンディングを通じて資金を募って、物作りをする人々が増えているアメリカ。斬新な商品の登場に、これからも期待していきたい。


今注目のトレンドアイテム 2014 〜その1〜へ

今注目のトレンドアイテム 2014 〜その2〜へ


2014年05月号掲載