私は、現在、H1―bを保持し、雇用を通じて永住権を申請中で、近々取得できそうな状態にあります。そこで結婚を考えている彼女も一緒に永住権が取れれば良いと思いますが、どのタイミングで結婚するのが1番良いでしょうか?彼女は学生ビザでアメリカに滞在中です。

 一般的に永住権申請中に結婚をし、その配偶者を申請者(あなた)の永住権取得の手続きに加えるのは、永住権の申請がどの段階にあるかによって、方法が変わります。

 雇用を通して永住権を申請する場合、第1段階として労働認可証(Labor Certification)を取得するための過程である労働局(Department of Labor)での審査、次に第2段階として、スポンサーである会社の経営状態の審査(I―140による申請)、最後に、第3段階として申請者自身の審査(I―485による申請)があります。場合によっては(申請者が修士号を取得していたり、学士号に加えて5年以上の職務経験があるような場合など)第2段階と第3段階が平行して進むこともあります。ただし、第2段階のI―140の申請が認可を受けない限り、第3段階のI―485による申請が認可されることはありません。

 もし、第3段階のI―485による申請を開始していない場合は、彼女との入籍の後、一緒に申請を行うのが得策であると考えます。配偶者として永住権の申請が開始された時点で、彼女の米国での滞在資格は確保されますので、学生としてのステータスが切れても問題ありません。例えば、学校に通うことよりも、就労を希望する場合は、この時点で学校を辞めても構いません。続ける場合であっても、I―20を保持する必要がないため、フルタイムからパートタイムへの変更も可能です。また、I―485に加えて、2人ともがI―765(就労許可の申請)とI―131(一時渡航許可)の申請を行えば、彼女も申請から約3カ月程度で、就労許可および一時渡航許可を取得することが可能です。これらの許可が下りれば、どこで就労してもよく、学生ビザ(F―1)が切れた後であっても、一時的に米国から出国し、日本のアメリカ大使館で面接を受ける必要もなく戻って来ることができます。

 もしあなたが、第3段階のI―485による申請を既に開始してしまっている場合は、あなた自身の永住権を取得するまで待ち、その後、彼女の申請を行うことになります。この手法をFollow to Joinと呼びます。この場合、彼女の申請を開始して約6カ月で永住権を取得することができます。申請時に就労許可および再入国許可も同時に申請することができ、そうすれば前述と同様に就労や米国外への渡航が可能になります。この際、気を付けていただきたいのは、彼女の申請開始するまでは、彼女は学生としてのステータスをそのまま維持しないといけないということです。学生としてのステータス維持は、仮に学生ビザの期限が切れた場合であっても、有効なI―20を保持することによって確保することができます。ただし、学生ビザが切れた後は、一時渡航許可を取得するまでは海外への渡航はできません。

 彼女があなたの永住権取得まで(ステータスを維持できないなどの理由によって)米国内に留まることができず、日本で待つ場合は、あなたが永住権を取得した後、日本の米国大使館での永住権の手続き(Consular Processing)を行うことも可能です。日本の米国大使館での彼女のインタビューが行われ、そこで、最終的に認可を受けると、半年間有効な入国可能なビザ(Immigrant Visa)が発行されます。そして、米国に入国の際に空港でパスポートにスタンプが押され、この時点で彼女は法的に永住権を取得したことになります。その後、永住権は入国時に届け出た住所に郵送されます。

 もし、入籍があなたの永住権取得直前である場合は、結婚自体を疑われる危険性もあります。したがって、結婚を証明する書類を充分に準備することをおすすめします。これらの書類には、共同名義の銀行口座や自動車保険、健康保険、生命保険、写真(2人の思い出の写真)などが挙げられます。


2014年05月号掲載