カップルにはサンセットを眺めながらのディナーがおすすめ!

カップルにはサンセットを眺めながらのディナーがおすすめ!

 サンタモニカの海沿い、ヤシの木が続くオーシャンアベニュー。賑やかなサンタモニカピアやショッピングストリートから少し離れた静かなエリアに、フェアモント・ミラマー・ホテル&バンガローが見えてくる。太平洋に沈む美しいサンセットを眺めることができるこのホテルには、かつてマリリン・モンローやチャールズ・リンドバーグ、ケネディ大統領やクリントン大統領なども宿泊したことがあるという。元々サンタモニカ市を作った政治家ジョン・ジョーンズの個人宅だったというのだから、いやはやそのストーリーにも驚く。今回ご紹介するのは、プールサイドの中庭に位置するこのホテルのシグネチャーレストラン、フィグ。ホテルのメインエントランスにある巨大ないちぢくの木が、レストランの名前の由来だそうだ。ここは、数々のメディアにも登場する、LAで最も有名なレストランの1つ。

 飾らないシンプルな入口は、日常とリゾートライフを隔てる魔法の扉。レストランの中には、さまざまな目的で訪れるお客さんでいつも賑わっている。スーツを着たビジネスマン、リゾートでバカンスを楽しむ水着の人たち、奥の個室でファミリーパーティを楽しむ人々。あらゆる用途に応じて、プール沿いのパティオ席、陽光差し込むテラス席と、バーカウンターもある屋内席、そしてグループ用の個室などが用意されている。有名店だが、ドレスコードは特になく、店員もジーンズにチェックのシャツという、カリフォルニア風カジュアルスタイルで出迎えてくれる。

 その時の旬の食材をファーマーズマーケットから厳選して仕入れているため、固定メニューは特にないが、季節感タップリの料理が毎回登場する。メニュー表の一番下に、「Just Arrived」、「In Peak Season」、「Coming Soon」という表記があり、その時期のおすすめの食材が記載されている。取材に訪れた5月には、アスパラガスやグリーンガーリック、ラディッシュなどが旬の食材としてメニューに挙っていた。

TJ Scrip: ジンジャーたっぷりのモスコミュールは爽快感たっぷり(14ドル)

TJ Scrip: ジンジャーたっぷりのモスコミュールは爽快感たっぷり(14ドル)

 オリジナルカクテルは暑い夏にぴったりの爽やかなものが多い。その中からTJ Scrip(14ドル)というカクテルをチョイス。ジンジャーがたっぷり入ったスパイシーなモスコミュールで、火照った身体に気持ちのよい刺激を与えてくれる。

Halibut: 白いソースと緑の野菜が美しいコントラストを作り出す1品。見た目も涼しげで夏にピッタリ(32ドル)

Halibut: 白いソースと緑の野菜が美しいコントラストを作り出す1品。見た目も涼しげで夏にピッタリ(32ドル)

 メインからは、この時期おすすめというHalibut(32ドル)とRoasted Veal(35ドル)をピックアップ。Halibutは、ホワイトソースにエンドウ豆、グリーンガーリックとパクチーという緑の野菜がアクセントになっていて、涼しい見た目が美しい。一切れ口に運んでみると、夏に相応しい爽やかな味が口いっぱいに広がる。その正体は、レモンクリーム。少し酸っぱい味付けのさっぱりとしたソースとエンドウ豆の甘さがヒラメの淡白な味にマッチする。ソースの中にはフレグラというクスクスに似たパスタが隠されており、面白い食感をプラスしている。

Roasted Veal: 柔らかくて淡白な仔牛肉は、ボリューム満点(35ドル)

Roasted Veal: 柔らかくて淡白な仔牛肉は、ボリューム満点(35ドル)

 Roasted Vealはグリルした仔牛肉にブラックライスとシメジ、ピクルス漬けされたパールオニオンが添えられたもの。ブラックライスもただ煮ただけでなく、ポン菓子のようにポップされたものがアクセントに加えられている。子牛の肉は、牛肉に比べると脂肪分が少なくとても柔らかい。そのため淡白な味だが、付け合わせと一緒に食べても主張し過ぎることなく、うまく調和してくれる。

Strawberry Tres Leches Cake: 日本人に程よい小ぶりのサイズで甘さ控えめ(12ドル)

Strawberry Tres Leches Cake: 日本人に程よい小ぶりのサイズで甘さ控えめ(12ドル)

 デザートは、Strawberry Tres Leches Cake(12ドル)をオーダー。トレス・レチェスとは、メキシコ発祥と言われている3つ(Tres)のミルク(Leches)を使ったケーキのこと。スポンジケーキが、練乳やミルクにたっぷり浸されているのが特徴だ。ここでは、スポンジケーキの間にココナッツクリームをサンド。まろやかなココナッツクリームはクリームチーズのように口の中でとろける。ケーキの上には、イチゴとストロベリーアイスクリームがトッピングされており、全体的に甘さ控えめで食べやすい。

 ロサンゼルスに住んでいれば、観光やショッピングに行く機会も多いサンタモニカに、こんな場所があったのかと驚く人も多いだろう。まるでハワイやメキシコのリゾートに来たような気分に浸れるこのレストラン。よく知るサンタモニカとは一味違った上質の空間がここには広がっている。

フィグ・レストラン/Fig Restaurant

フィグ・レストラン/Fig Restaurant

住所: 101 Wilshire Blvd., Santa Monica, CA 90401
Tel: 310-319-3111
時間: 7:00am〜11:00am(朝食)
   11:00am〜2:00pm(ランチ)
    5:00pm〜10:00pm(ディナー)
Web: figsantamonica.com


取材・文=芦刈いづみ/撮影 = Tak S. Itomi

2014年06月号掲載