私は現在、日本の会社でインテリアデザインの仕事をしており、今回アメリカで2〜3年ほど就労したいと思っています。私は、大学を卒業していないので、H-1Bを申請する資格はありません。そこでH-3ビザの申請を考えています。また、J-1取得後、さらにH-3を申請することは可能でしょうか。

 H-3ビザは、米国における研修を目的としたビザです。申請は米国にある雇用主によって移民局を通して行われます。このH-3ビザは、H-1Bビザ(専門職ビザ)のように、学士号あるいはそれと同等の経験を保持していることを証明する必要はありません。ただし、H-3ビザの申請において雇用主は次のことを証明しなければなりません。

①その研修の内容が母国では習得できないものである。
②研修後、研修を受けた者にとって、米国内で受けた研修が、米国外でその職種を遂行するのに役立つものであること。
③研修生の雇用が、米国人労働者に取って代わるものではないこと。
④その研修はあくまでも研修生を研修するだけで、生産性を伴うものではないこと。

 また、研修プログラムは、既に確立されたものであるということを示す必要があり、内容としては研修の構成、詳細、研修期間、報酬のほか、なぜその研修は母国ではなく米国にて実施しなければならないかということを明確にする必要があります。(例えば、建築に関して、ハンディキャップの人のためのスロープやエレベーターのデザインなど、日本における建築物には見られない内容を学ぶプログラムが典型的な例として挙げられます)

 移民局によって、研修を受ける者が、既にその研修分野において、充分な知識を有していると判断された場合、研修で習得したことが米国外において不必要であると判断された場合、雇用主が研修後にその研修生を米国内にて雇う目的だと判断された場合、また、その研修が単に米国での滞在期間を延長する目的であると判断された場合などは、申請は却下されます。

 具体的には、以下の内容の詳細を問われることがあります。

①研修の種類、どのような形で監督が行われるのか。また、研修プログラムの構成。
②研修プログラムの時間配分や生産性のある就労に従事する時間について。
③クラスルームにおいて研修を受ける時と、実際の職場において研修を受ける時の具体的な時間数について。
④研修を受けるに当たって、母国において準備してきた内容。
⑤研修が母国で受けられない理由、および米国で受けなければならない理由。
⑥研修を受ける者が受け取る報酬、および会社が研修を行うことによって受ける利益の説明。

 また、研修内容が以下のような場合は、申請却下の対象となります。

①研修スケジュールが一般的であり、目的や評価の手段が備えられていないもの。
②研修を行う会社と関連性の薄い研修内容。
③研修を受ける者が既に習得しているであろう技術のための研修。
④研修内容が将来的にその会社における雇用を視野に入れているであろうと考えられるもの。
⑤研修を行うに充分な施設、監督者などがないような場合。
⑥OPTの期間を延ばすために行われているであろうとみなされた場合。

 H-3ビザは、最高で2年まで取得することができ、また、H-3保持者の配偶者および21歳未満の子供は、H-4ビザを取得し米国に滞在することができます。

 あなたの場合、最も重要なことは、スポンサーとなる会社での研修の内容が、日本では学ぶことができないものであると証明することです。現在、H-3の申請は以前と比べ、極めて困難になっています。例えばOPT終了後や、J-1終了後にH-3を申請しようとした場合、なぜ、さらに研修を必要とするのか明確な理由を要求される可能性が非常に高く、また厳しい審査の対象となり得ます。よって、研修の内容を上記の条件と照らし合わせて、よく吟味して申請されることをおすすめします。


2014年09月号掲載