私は、米国人である主人と結婚し永住権を取得しました。母は元韓国籍で日本国籍である父と婚姻後、帰化し、私の成人後に離婚しています。日本で1人暮らしをしている母親を呼び寄せ、永住権を申請したいのですが、可能でしょうか。

 まず、あなたが米国市民権を取得し、その後、母親を呼び寄せるのが得策であると考えます。

 最初の手続きである市民権申請の際には、永住権を取得してから5年を経過していること(米国市民と結婚した場合は3年)が条件となります。申請は、期間満了の3カ月前から申請を開始することができますので、永住権を取得してから4年9カ月を経過していれば(米国市民と結婚した場合は2年9カ月)申請の開始が可能です。また、この規定期間(5年ないし3年)のうち、合計してその半分(5年の場合は30カ月)以上は継続的に米国に居住していなければなりません。もし米国を長期間不在にすると市民権の取得ができない場合があります。詳細は次の通りです。

①6カ月未満の不在は米国に継続的に居住しているとみなされます。
②6カ月以上1年未満の不在は、米国における継続的な居住を放棄したとみなされ、市民権の取得に影響を及ぼす可能性があります。この場合は、申請者が米国における継続的な居住を放棄していないと証明する客観的な証拠を提出することにより、申請が認められる余地がありますが、この立証責任は申請者の方にあります。特に最近では、審査が非常に厳しくなり、このカテゴリーに入るケースの場合、申請書に説明や証拠書類が添付されていない場合は、申請過程に入る前に申請書自体が送り返されている傾向にあります。
③1年以上不在の場合は、市民権を申請する条件としての継続的な米国での居住条件を満たさないとみなされます。ただし、米国軍隊に属していたり、米国政府機関、あるいは、宗教目的による場合などには例外とされています。

 これらの条件は、市民権申請を行った後も、市民権取得時まで満たし続けなければなりません。ただし、これらの規定は、厳格な判断基準となるものではなく、一般的なガイドラインとして使用されるものであり、判断は個別になされています。

 申請書N-400に記入したら、USパスポートサイズの写真2枚、グリーンカード(表裏)のコピーに申請料680ドル(フィンガープリント料85ドルを含む)を添えて提出します。

 その後、フィンガープリント採取の通知があり、提出から約4〜5カ月でインタビューに呼ばれます。ここでは、米国を出国していた期間を吟味したり、それ以外の内容の審査が行われます。また、米国の歴史や政治などに関する基本的なテストを受けることになります。出題される問題の大部分は、決められた100問から出題されます。ただし、この問題以外から何題か出題される例も稀にあります。もしこの場合であっても、全体の60%以上を正解すれば合格となるため、少なくとも既定の問題の中から出題されたものは、必ず正解できるように予習しておくことをおすすめします。インタビュー終了後、約1〜2カ月で宣誓式になり、この日より公式に米国市民となることが認められます。

 その後、母親のグリーンカードを取得する際には、日本にて手続きを行う方法または、米国にて手続きを行う方法の2通りがあります。日本国内において手続きを行う場合には、米国の移民局にI-130を提出し、その認可を待って日本のアメリカ大使館で申請を行うことになります。この認可には、現在、約7カ月を要しており、さらにこの後、約3〜4カ月で日本の大使館にてインタビューを受けます。

 米国内においてグリーンカードを申請する場合は、取得するまでに、約1年かかります。申請後、約2〜3カ月で就労許可証と再入国許可証を取得することができ、正式にグリーンカードを受領するまでの待機期間であっても、就労、および海外への出入国が可能になります。また、本件のように米国市民が親を呼び寄せる場合には、ほとんどの場合、インタビューが免除されるようになりました。


2014年12月号掲載