広瀬香美さん×長谷川滋利さん

広瀬香美さん×長谷川滋利さん

音楽家と元野球選手という異色の組み合わせながら、意外にも共通点が多く、初対面とは思えないほど盛り上がったお二人。仕事やお金にまつわる失敗談からビジネス理論、そして超ポジティブな人生設計まで、幅広いトピックについて語っていただきました。

広瀬香美/Kohmi Hirose

広瀬香美/Kohmi Hirose

1992年7月にアルバム『Bingo!』でデビュー。以来、『ロマンスの神様』、『ゲレンデがとけるほど恋したい』、『プロミス』などヒット曲を連発。“冬の女王”の異名をとる。音楽監督・作家活動・プロデューサーとしても幅広く活躍。1999年からは独自の発声理論により、自身が校長となる「広瀬香美音楽学校」を設立。福岡女学院大学の客員教授も務める
【オフィシャルサイト】www.hirose-kohmi.jp
【オフィシャルブログ】http://ameblo.jp/kohmi-hirose/entry-11975331456.html
【twitter】http://twitter.com/#!/kohmi

長谷川滋利/Shigetoshi Hasegawa

長谷川滋利/Shigetoshi Hasegawa

1990年のドラフトでオリックス・ブルーウェーブの1位指名を受け入団。プロ1年目の1991年に12勝し最優秀新人賞を獲得。1995年には12勝、防御率2.89の好成績を残し、オールスターゲームに出場。97年1月、アナハイム・エンジェルスに入団、02年1月、シアトル・マリナーズへ移籍。03年はクローザーに起用され、63試合に登板し2勝16セーブ、防御率1.48。オールスターゲームに出場した。06年1月、引退。現在は野球解説のかたわら、講演や執筆活動、自身のウェブサイトにコラムを展開中
【オフィシャルサイト】www.sportskaisetsu.com

QOLA:お二人は初対面ですが、それぞれの印象はどうでしょうか。

長谷川滋利(以下:長谷川):やっと出会えましたね(笑)。広瀬さんは僕らの世代にとって有名すぎる方。今朝から車の中で曲をかけて口ずさんでました。曲はもちろん『ロマンスの神様』!
広瀬香美(以下:広瀬):ありがとうございます!私にとって長谷川さんは“The野球選手”というイメージで、口数は少ない方なのかなと。でもインタビューの会場に入って来た時、まるで口から入って来たような賑やかさに驚きました(笑)。
長谷川:無口な方がカッコいいと思うんですけど、野球選手時代からとにかく口が立つ。解説もしていましたし、言い訳がましいけどこれも仕事のうちなんですよ(笑)。
広瀬:全然印象が違ってびっくりしましたが、今日の取材は字数が埋まるなとホッとしました(笑)。長谷川さんにお任せしますね!

QOLA:お二人ともコンサートや舞台鑑賞が大好きなんですよね。

QOLA:お二人ともコンサートや舞台鑑賞が大好きなんですよね。

長谷川:ラスベガスに行ったら、ギャンブルはやらないでコンサートに行きまくってますよ。
広瀬:私も同じです。ギャンブルはまったくやらないし、美味しいものを食べて、エンタメを楽しみたいタイプ。ショーは午後7時と10時の2回とも観ます。
長谷川:ホントに?僕も両方観ます。シルク・ドゥ・ソレイユからミュージカル、ローカルのマイナーなショーまで、目一杯スケジュールを入れちゃう。昼間はゴルフをしてるから疲れるけど、僕もエンタメ大好きなんですよ。
広瀬:ラスベガスはロサンゼルスからも遠くないし、世界のエンタメが楽しめるから効率いいですよね。
長谷川:コンサートでは、アーティストがどうやってお客さんを喜ばせるんだろうという点に特に興味があるんです。野球って、日本なら計18人、アメリカは18人〜20人で試合を盛り上げる。だけどアーティストはたった一人で2、3万人を相手にしてるじゃないですか。もちろん企画があって、パイロテクニックで見せ場を作ったり、MCがあったりして手法は色々あるけど、どうやってあの世界を作ってるんだろうって。
広瀬:舞台には一人で立つんですけど、裏では主役を務める私を輝かせてくれる人がたくさんいて。大きな会場でも映えるような衣装は重くて大変なんですけど、身軽に動くために稽古を重ね、周りのスタッフの協力を得ながらステージを作り上げてるんです。
長谷川:僕はそういうことが現役時代はまったくわからなかった。ピッチャーが一番と思ってましたから(笑)。もちろんボールを片付けてくれる裏方さんやトレーナーに感謝はしてたけど、今なら本当にその有難さがわかる。広瀬さんはそれに早くから気付いていたから売れるんだろな。


撮影:Rich ヘアー&メイク:Karina Zenke(Hair Diamond) 会場協力:Hamamori Restaurant and Sushi Bar

新春スペシャル対談 広瀬香美さん×長谷川滋利さん〜その2〜へ


2015年2月号掲載