「Double Your Calorie, Double Your Fun!」

「Double Your Calorie, Double Your Fun!」

これは、グランドキャニオン国立公園で配布されているニュースペーパーのトレッキングセクションのスローガン。「カロリー2倍で楽しさ2倍!」という意味だ。日本語の「腹が減っては、戦はできぬ」のようなもの。トレッキングは歩くだけで森林浴で癒され、リフレッシュできる場所。新しいインスピレーションがきっと生まれてくるはずだ。大自然の中で自然と触れ合い、五感を思いっきり刺激しよう。

今回は、初心者でも挑戦できるグランドサークルやロサンゼルス周辺のトレッキングルートをご紹介。

「1%」になろう|Grand Canyon

「1%」になろう|Grand Canyon

1.6マイル地点の「ウーアーポイント」からの眺め


 アメリカで訪問者数の多い国立公園の1つグランドキャニオン。しかし、この訪れる人の中でトレッキングをする人の割合はわずか「1%」。多くの人は、ラスベガスからセスナで飛んで来て、数時間の滞在を楽しみ帰って行く。年間約500万人の訪問者がありながら、トレイルに足を踏み入れる人はそのわずか1%に満たない。しかし、このグランドキャニオンの醍醐味は、地層の間を歩くトレイルにある。かつて海の底だったグランドキャニオン。その壁面には今も、太古の化石を見ることができる。

 公園内にはたくさんのトレッキングルートがあるが、その中でもおすすめなのがサウス・カイバブ・トレイル。トレイルは、グランドキャニオンの一番底のコロラド川まで続くが、そこまで行くには下るだけで6時間はかかるため、一般の人が気軽に行ける距離ではない。手始めにトレッキングをたしなむ程度なら、約1.6マイル地点の「ウーアーポイント」(OOH AHH POINT)までがおすすめ。ここに来ると誰もが、「ウワー!!」と叫ぶため、この名称が付けられたという。それまであったキャニオンの岩壁が取っ払られ、一気に視界が開ける。迫り出したこのポイントからは、360度周囲を見回すことができる。まるで大迫力のパノラマ写真のようだ。ここまでなら下り約30分、登り約45分のショートコースになる。

South Kaibab Trail

South Kaibab Trail

(左)トレイルの途中の看板には「一歩降りるごとに2000年」と書かれてある。
グランドキャニオンの20億年の地層の間を歩くことができる
(中心)トレイルヘッドまでは無料のシャトルバスで向かう。乗車時間は中心地から約10分
(右)トレイルの最初はキャニオンの壁沿いをスイッチバックで下りて行く。
勾配の急な坂道を10分程下ると、次第に緩やかになる


TREKKING DATA
住所:Grand Canyon Village, AZ 86023
トレイルヘッド:サウス・カイバブ・トレイル・ヘッド
歩行距離:約1.6マイル(ウーアーポイントまで)
歩行時間:往復約2時間
難易度:★★★☆☆

川の中をザッブザッブ!|Zion

川の中をザッブザッブ!|Zion

トレッキングシューズやサンダル、裸足など、みんな思い思いの装備で川の中に入っていく。
最初はくるぶし程度の水深が徐々に深くなる。川幅も同様に、最初は広く奥に進むに従って狭くなる


 トレッキング好きにはたまらないザイオン国立公園。ここには、ユニークなトレッキングルートがたくさんあり、トレッキング愛好家なら、1週間や2週間では歩き足りないほど。その中でも、代表的なルートが「ナローズ」。その名の通り、段々と両脇に近づく岩壁と、その間を流れる川の中を歩く豪快なコースだ。ナローズの入り口は、ザイオン国立公園の一番奥のポイント、ザ・テンプル・オブ・シナワヴァから10分程歩いた所。コースの運営状態は天候や川の状態によって左右されるので、ナローズを歩く場合は、必ずビジターセンターに立ち寄り、川のコンディションを確認しておこう。

The Narrows

The Narrows

(左)川の中を歩くのは水の抵抗で思った以上にハードだが、まさに自然を満喫できるトレッキングコースだ
(右)このルートはゴールはない。進入できる所まで行って、折り返す


TREKKING DATA
住所:SR 9, Springdale, UT 84767
トレイルヘッド:ザ・テンプル・オブ・シナワヴァ
歩行距離:約2.5マイル(Orderville Canyonまで)
歩行時間:片道約1時間
難易度:★★☆☆☆


取材・文 = 芦刈 いづみ/撮影 = Tak S. Itomi

春だ!トレッキングに行こう!|国立公園編〜その2〜へ

春だ!トレッキングに行こう!|LA近郊のトレッキング編〜その3〜へ

春だ!トレッキングに行こう!|LA近郊のトレッキング編〜その4〜へ


2015年3月号掲載