私は現在、ある日系の大手製薬会社の研究所で研究員として新薬の開発に従事しています。前職は州立大学の大学病院で研究員として、つい先日まで働いていました。私は、日米においてドクターとしてのライセンスを取得しており、また、両国の学会の発表でも高く評価されています。さらに、医学誌などでも取り上げられ、多数の出版物を刊行しています。永住権を早く取得する方法はありますか?

 あなたの場合、2つの選択肢が考えられます。まず、あなたの知名度が証明され、移民局に認められれば、永住権を短期間で取得することが可能です。これは、EB-1と呼ばれる第一優先のカテゴリーに該当し、芸能人、スポーツ選手、研究者など、著名人や高度な特殊技能者に対して与えられる優先枠です。判断基準としては、その分野においてトップ2%に属している高度な特殊技能者であることが条件です。しかし、実際に審査するのは、その分野の専門家ではない移民局ですので、専門的な内容のものになると、申請者がトップ2%に入っていることを立証するのが困難な場合もあるというのが現実です。簡単に言い換えれば、申請者自身が米国にとって重要な人材だと証明する必要があるということになります。

 高度な特殊技能者として永住権を申請するには、以下の条件のうちの少なくとも3つを満たしている必要があります。

①国際的に価値のある賞を受賞したこと。
②その分野において優れた功績を持つメンバーで構成される団体に属していること。
③申請者に関する内容が記された出版物があること。
④申請者がその分野において他の者を審査したことがあること。
⑤申請者が該当分野において多大に貢献したこと。
⑥申請者が該当分野の学術的記事を執筆したことがあること。
⑦申請者の作品が展示されたことがあること。
⑧名声のある団体・組織等において重要な役割を担った実績があること。
⑨申請者が該当分野における他の者と比べて高い報酬を得ていること。
⑩申請者が芸術・芸能関係の分野に属する場合、その分野において高い人気・評判を得ていること。

 あなたの場合、これらの条件を満たしている可能性は充分にあると思います。この申請方法の最大のメリットは、移民局に申請する前の段階である、Labor Certificationの申請過程を通ることなく、I-140による申請のみで、この過程が代用できることです。I-140に加えて、就労許可の申請(I-765)を同時に行えば、申請後、約3カ月で労働許可を取得することができます。永住権取得までは、すべてがスムーズに進行すれば、約1年程度です。また、この申請方法では、具体的な雇用者の必要もありません。

 しかしながら、実際にあなたがこのカテゴリーの条件を満たしたとしても、それを移民局に立証するために長い時間を要してしまう可能性も少なくありません。そこで、あなたの場合、EB-2のカテゴリーでの申請も検討する方が妥当かもしれません。このカテゴリーにおける申請では、Labor Certificationの申請過程を通過しなければなりませんが、EB-3のカテゴリーでの申請のように、Priority Date(一定の期間申請を待たされるシステム)による待ち時間がないため、EB-1の期間よりも、約半年から1年程度余分にかかるにすぎません。仮にEB-1のカテゴリーでの申請を行ったとしても、移民局より追加の質問が来て再審査になれば、期間的には同じ程度になってしまう可能性も充分にあり、EB-1での申請における立証面でのリスクを負う意味がなくなります。

 もし、あなたが高度な特殊技能者であるにも関わらず、雇用者がいない場合(本人がビジネスを行っているような場合など)、EB-1での申請が唯一の選択肢かもしれませんが、現在の雇用主である製薬会社がスポンサーとなってくれるのならば、EB-2での申請が安全策ではないでしょうか。これらの点の立証におけるリスクの可能性を充分に吟味した上で、最善の申請方法を選ばれることをおすすめします。


2015年3月号掲載