鯛めし

鯛めし

豆腐と木の芽のみそ汁を添えて完成!

PHOTO by Harumi Kurihara

 鯛めしは和食の中でも代表的なものです。切り身魚を使うととても簡単なので、覚えておくといいですよ。ご飯の炊き方さえ覚えれば他の魚でも代用できます。

 コツは魚を香ばしく焼くこと。今回は土鍋を使っていますが、炊飯器でも作れます。味わい深く、みんなが好きな味なので、ぜひ作ってみてください。

材料(4人分)

2カップ
2切れ
少々
だし汁
適宜

薄口しょうゆ
大さじ1
大さじ1
みりん
大さじ1
少々
のり
適宜
好みの漬け物
適宜

つくり方

つくり方

(左)焼いた鯛をのせて炊く

PHOTO by Harumi Kurihara

(右)炊き上がりを混ぜる

PHOTO by Harumi Kurihara
  1. 米はといでざるに上げる。
  2. 鯛は両面に軽く塩をふり、熱した焼き網で香ばしく焼き色がつくまで焼く。
  3. Aを合わせ、だし汁を足して2カップに計量する。
  4. 鍋に米を入れ、鯛をのせて3を注ぐ。
  5. 蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火にして10~12分炊く。火を止めて約10分蒸らす。
  6. 炊き上がったら鯛をほぐしながら骨を取り除き、さっくりと混ぜる。
  7. 器に盛り、のり、漬け物を添える。

栗原はるみ/Harumi Kurihara

栗原はるみ/Harumi Kurihara

Harumi Kurihara■家庭料理を中心としたレシピが、幅広い層から支持されている人気料理家。『ごちそうさまが、ききたくて。』(文化出版局)ほか、著書発行部数は2,300万部を超える。現在はパーソナルマガジン『haru_mi』(扶桑社)、レギュラーTV番組『Your Japanese Kitchen』(NHK WORLD TV)などで活躍中。2013年4月より1年間、料理番組『きょうの料理』(NHK Eテレ)に毎月レギュラー出演中。
栗原はるみの最新情報は、ゆとりの空間オフィシャルサイトへ www.yutori.co.jp


2013年02月号掲載