(右上)秋は紅葉があざやかな季節です

(右下)大根は食物繊維いっぱい、そしてビタミンも豊富

(左上)ハロウィンで大活躍のペポカボチャ

(左下)緑花野菜のブロッコリーはガン予防に効果あり!


 秋から冬にかけて張りつめた冷気が絞まりエネルギーが活発になると、身体に不可欠な必須アミノ酸をすべて含む、優れたタンパク質源である動物性食品を人間は求めるようになります。前号でも触れましたが、動物性食品を必要以上に摂取せずに、バランスの良い野菜の摂取について今号はご紹介します。

 野菜の摂取量の目安は、1日の食品摂取量の25~30%と言われています。新鮮な野菜を食べることは、マクロビオティックに限らず、一般的にも健康に良いとされています。

 米国国立アカデミーでは、『食事・栄養とガン』という報告書において、ビタミンAの前駆物質であるベータカロチンを豊富に含むニンジン・カボチャなどの緑黄色野菜、キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーなどの淡色野菜・葉菜はガンを予防する食事の一部として、毎日摂ることを推奨しています。新鮮な野菜は、複合炭水化物・食物繊維・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでおりバランスの取れた一物全体食として、健康と活力を保つのに欠かせない栄養素をすべて供給してくれます。

❶複合炭水化物―カボチャ、ニンジン、ゴボウ、レンコン、タマネギ

❷食物繊維―ブロッコリー、パセリ、カボチャ、大根葉、いんげん、ネギ

❸ビタミンA―大根、ニンジン、ブロッコリー、タンポポの葉、からし菜

❹ビタミンC―クレソン、キャベツ、かぶの葉、ブロッコリー、カリフラワー

❺カルシウム―切干大根、大根葉、ブロッコリー、パセリ、かぶの葉、クレソン

 オーガニックの新鮮野菜は、 缶詰野菜・冷凍野菜のように化学薬品を使って加工されていないので、農薬・化学肥料を使って栽培した野菜の3倍のミネラルを含んでいます。

 また、温帯気候に分類される日本やカリフォルニアでは、同じ温帯産の野菜を食べるのが適しており、トマト・ジャガイモ・ピーマン・ナスなど熱帯原産の野菜は、夏以外にも常食していると健康維持には適していないと言われています。

 熱帯原産野菜の持つ極端な性質としては、血液を酸性にする、身体を冷やす、冷え性、消化系の病気、皮膚の病気など。風邪やアレルギーにもかかりやすくなり、関節炎、リウマチ、糖尿病の原因にもなり得ます。そして生理痛、生理不順の状態を経験することもあります。

 「食」は生命の源であり地元で生産された季節ごとの野菜を食べることで健康維持にも密接に関わってくると言えるでしょう。

マクロビ・レシピ

ベータカロチン豊富なカボチャ料理で秋を満喫

レシピ1:カボチャのパウンドケーキ

レシピ1:カボチャのパウンドケーキ

冬至には運盛りのカボチャ。貯蔵が効く野菜として昔から重宝されているカボチャを使って焼き菓子にしてみました。


材料(8x17cmのパウンドケーキ型3台分)

A

薄力粉
90g
全粒粉
75g
ベーキングパウダー
大さじ1/2
重曹
小さじ1/2
海塩
ひとつまみ

B

紅花油
83ml
アップルソース
25ml
木綿豆腐
50g
りんごジュース
大さじ4
豆乳かアーモンドミルク
1/2カップ
メープルシロップ
140ml
蒸したカボチャ(2.5cmに角切りしたもの)
200g

作り方

  1. オーブンを180℃(350℉)に熱しておく。
  2. ボウルにAの材料をふるい入れ(目の細かいざるでこしてもよい)、泡立て器で混ぜる。
  3. フードプロセッサーまたはミキサーにBの材料を入れ、なめらかになるまで攪拌する。
  4. ③を②に加え、ゴムべらでやわらかくよく混ぜ、150gのカボチャを加えてさらにさっと混ぜる。
  5. ④を3つのパウンドケーキ型に流し入れる。
  6. 残りのカボチャを、⑤の上に縦長に並べる。
  7. ⑥を温まったオーブンに入れ、45分程焼く。竹串をケーキの中心に差し、生地がついてこなければ出来上がり。冷ましてから冷蔵庫で2〜3日保存可。

カボチャは代表的なベータカロチン豊富な緑黄色野菜。ベータカロチンは、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

レシピ2:ミレットとカボチャの種ふりかけ

レシピ2:ミレットとカボチャの種ふりかけ

タンパク質とビタミンBが豊富な全粒穀物きび(ミレット)とベータカロチンたっぷりのカボチャの意外な組み合わせが絶品です。


材料(4人分)

全粒穀物きび(ミレット)
1カップ
甘酒
1〜1・1/2カップ
浄水
4カップ
カボチャ(2cmに角切りしたもの)
1カップ
海塩
ひとつまみ

作り方

  1. きびを目の細かいざるで2〜3回浄水で洗って、鍋に浄水4カップと共に、洗ったきびも入れて4〜6時間または一晩浸水させる。
  2. 浸水が終わったら鍋を中強火にして沸騰させて、海塩と2cm角に切ったカボチャを入れる。
  3. 蓋をして、火を弱火に下げて25分煮る。
  4. 火からおろして蓋を5〜10分は開けないで蒸らす。
  5. カボチャが崩れないように天地返して、お椀に盛ってから炒ったカボチャの種をかける。

きびはアメリカではミレットという名前で売られています。水が足りないとカチカチに炊けてしまうので、ご注意。カルシウム、食物繊維も含まれていてタイプ2の糖尿病も防げ、偏頭痛や心臓発作なども助けられる記録が出ています。

マクロビオティック・カウンセラー Sanae Suzuki

Sanae Suzuki■レストラン『Seed Kitchen』オーナー。スタジオ『mugen』主宰。ガンや交通事故からマクロビオティックで回復し、食事による自然治療法を提唱する。マクロビのレシピとエッセイの著書『Love, Sanae』を英語出版。現在日本語版を執筆中
Seed Kitchen
住所: 1604 Pacific Ave., Venice
Tel: 310-396-1604
時間: 10:00am〜9:00pm
Web: www.seedkitchen.com


スタジオ mugen
Tel: 310-450-6383
時間: 10:00am〜5:00pm(火・水・木)
Web: www.seedkitchen.com

お知らせ
■11月1日(日) 2:00pm〜6:00pm
Seed Kitchen7周年記念イベント

皆様へ感謝の気持ちを込めて7周年イベントを開催します。ライブミュージック、写真コンテスト、無料ウクレレ教室、無料レクチャーなど催し物多数。美味しいフィンガーフードとデザートをご用意してお待ちしております。

■11月21日(土)

[心と身体を癒すクッキングクラス]:$60(スタジオmugenにて) 心と身体を癒す、秋から冬の料理クラスです。4種類の料理を作って一緒に食べます。 イベントの詳細は右記まで seedkitchen@gmail.com


2015年11月号掲載