今年の目標を立てる時期

今年の目標を立てる時期

(右上)猿が温泉に浸かってほっこりしているように、のんびりした気持ちで過ごしたいですね

(右下)ゆったりと瞑想(メディテーション)することで頭の中もすっきりクリアに

(左上)しっかりと休息を取り、ストレッチなどで筋肉をほぐして身体をメインテナンスしましょう

(左下)甘くて美味しいスイーツや、便利なインスタント食品の食べ過ぎは禁物です



 新しい年を迎え、2月の旧正月を意識するようになったのは、23年前に病気を根治するために始めたマクロビオティックのお蔭です。それからの習慣で1月はゆっくりと時間をかけて1年の目標を作る時間にあてています。2016年の私の目標は「身体と精神、心のバランスに気付くこと」です。

 マクロビオティック的に言うと「陰陽バランス」が取れているということは、一定限度の「揺れ」がある状態を指し、極端になったり一つの状況に固定されたりせず、しなやかに動いている状態を表します。もし揺れている状態に気付いたら、次にそれが身体の揺れ、精神の揺れ、心の揺れのうちどれであるかに気付いてあげることです。もし身体だけの揺れならば、 きっと日頃の疲れや痛みとして送られてきたシグナルの可能性も。精神の揺れであれば、自分のやりたいことができていないという欲求不満の表れかもしれません。また心の揺れは胸の中に自分の気持ちを閉じ込めているサインの時も。このようにひとつひとつのサインが何から来ているのかを知ることはとても大切です。私たちは身体と精神、心身のバランスが崩れて病気になります。そんな時、大きく揺れ動く自分を責めるのではなく、平安を保ち揺れている状態であれば、一時的に大きく揺れても回復しやすく、どんな事態になってもすぐ対応できるはず。気長に穏やかに自分の身体と精神を、注意深く観察し学ぶ努力が必要です。

 多忙な現代社会では、つい外食が中心になりがちで動物性食品を取り過ぎたり、精製された砂糖やスイーツを食べ過ぎたり、便利だからといってインスタント食品ばかり取るのはおすすめできません。身体と精神、心を健全に保つために必要な食事を自炊してみてはいかがでしょうか。食べ方も重要で、急いで食べる人などは、ゆっくり、よく噛んで、食物に感謝して食べることを学びましょう。

 そして毎日の生活の過ごし方のなかで、身体のメインテナンスのために休息をしっかり取り、筋肉をほぐす運動・ストレッチ、精神のためにリッラクスできる音楽を聴いたり、自然に触れてみたり、セルフヒーリンググループに参加したりしましょう。また瞑想は、身体と精神、心のバランスを取るのにとても効果的です。 常にあれこれ考えている頭をリフレッシュしてくれます。マクロビオティックとは、ただ食べ方を学ぶのではなく、今をよりよく生きようとする生き方を学んでいます。

マクロビ・レシピ

楽しみながらマクロビにチャレンジしましょう

レシピ1:ラベンダー・サブレ

レシピ1:ラベンダー・サブレ
Photo by Sanae Suzuki / Seed Kitchen

ちょっと手間がかかりますが、今年はチョコレートではなくってラベンダー・サブレでバレンタインをお祝いしてみませんか?


材料(24個分)

A
薄力粉
90g
全粒粉
50g
ベーキングパウダー(アルミニウム不使用)
小さじ1
海塩
小さじ1/3
B
紅花油
大さじ4強
メープルシロップ
大さじ4
ゴマペースト(タヒニ)
小さじ1
ラベンダーフラワー(ドライ、または生)
大さじ1

作り方

  1. ボウルにAの材料をすべてふるい入れ、ラベンダーフラワーを加えて泡立て器で混ぜる。
  2. 別のボウルにBの材料を入れ、泡立て器で混ぜる。
  3. ①を②に加え、ゴムべらでなめらかになるまで混ぜる。
  4. ③の生地を4等分し、それぞれの生地を台の上で転がして、表面がなめらかな直径5cmの棒状に形作る。
  5. 生地をそれぞれラップで包み両端をひねって結び、冷蔵庫に入れて2時間寝かせる。
  6. オーブンを180℃/350℉に熱しておく。
  7. 棒状の生地を取り出して厚さ1.5〜2cmにスライスし、オーブンシートを敷いた天板に並べる。
  8. ⑦を温まったオーブンに入れ、8分焼く。やさしくサブレを裏返し、反対側をさらに8分黄金色になるまで焼く。
  9. 焼きあがったらケーキラックにのせ、冷まして出来上がり。

ラベンダーには鎮静作用があり、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安や緊張、イライラなどを和らげてくれます。緊張からくる偏頭痛や高血圧にも効果があります。

レシピ2:セイタンベーコン&青菜のキヌアパスタ

レシピ2:セイタンベーコン&青菜のキヌアパスタ
Photo by Sanae Suzuki / Seed Kitchen

簡単で美味しいパスタ。いつも使っている食材とは違った物でチャレンジしてみては。


材料(1人分)

オリーブオイル
大さじ1
タマネギ(みじん切り)
1/4個
セイタンベーコン
40g
キヌアパスタ(アルデンテに茹でたもの)
80g
青葉
2枚
黒コショウ
少々
醤油
適量
レッドラディッシュ
1個

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、オイルが温かくなってきたら、タマネギをソテーする。
  2. セイタンベーコンを入れて、さらにソテーして、茹でたパスタを入れてさっと和える。
  3. 青葉を散らすように入れて、黒コショウをかけ、味見をする。お好みで醤油を少し加えてもよし。弱火にして30秒くらい蓋をする。(必要に応じてパスタの茹で汁を少し入れて焦げるのを防ぐ)
  4. 盛り皿にのせて、仕上げにレッドラディッシュを飾り付けて、パスタが温かいうちにそのまま待たないですぐ食べる。

キヌアパスタは、キヌア全粒穀物から作られていて食感が軽く食べやすいです。キヌアパスタが手に入らない時は、全粒粉パスタでも良いでしょう。セイタンとは、日本でグルテンミートと言われています。グルテンミートとは、小麦粉に含まれるグルテンを使って作る、肉の代わりになる食材のこと。タンパク質が豊富で、食感が肉のようなので、味付けを肉と同じにすれば、肉もどきの食材に早変わり。カロリーや脂質が抑えられるので、人気のダイエット食材としても使われます。

マクロビオティック・カウンセラー Sanae Suzuki

Sanae Suzuki■レストラン『Seed Kitchen』オーナー。スタジオ『mugen』主宰。ガンや交通事故からマクロビオティックで回復し、食事による自然治療法を提唱する。マクロビのレシピとエッセイの著書『Love, Sanae』を英語出版。現在日本語版を執筆中
Seed Kitchen
住所: 1604 Pacific Ave., Venice
Tel: 310-396-1604
時間: 10:00am〜9:00pm
Web: www.seedkitchen.com


スタジオ mugen
Tel: 310-450-6383
時間: 10:00am〜5:00pm(火・水・木)
Web: www.seedkitchen.com


2016年2月号掲載