店内、店外ともに閑静で落ち着いた空間が広がる

店内、店外ともに閑静で落ち着いた空間が広がる


 時間が矢のように過ぎていく毎日。ホッと落ち着けて身体に優しい食事ができるカフェがあったらいいなと思う人は多いのでは。

 近年人気のニューポートビーチ・ファッションアイランドの隣のビジネスモールの一角。朝7時半、オープンと同時に出勤前やフィットネスジム帰りらしいローカルのアメリカ人がひっきりなしに入ってくる。ほとんどが常連客なのか、カウンター越しにスタッフと名前で呼び合いながら朝の挨拶を交わしている。2011年にオープンして以来、口コミを中心に着実にファンが広がっているようであるが、最近ではメディアへの露出も増えている。6月にGQ JAPANでも紹介され、今もTVのケータリングショー出演についてオーナーのナターシャさんが目の前で打ち合わせしている。

 ニュートラルな色調の小洒落た店内はラスティックなスタイルの家具が置かれ、磨き上げられたショーウィンドウの向こう側には焼きたてのペイストリーやクッキーが並べられる。店内の黒板には今日のスペシャルが当日の朝、書き加えられる。毎朝焼きたてを出すために朝4時に店に来て仕込むという。翌日には一切持ち越しはしない、常にフレッシュな食事を提供するのがこの店のポリシーだ。

 フィットネス業界にいたナターシャさんが産後太りを解消するために栄養学を学び、自らの身体で実践した。テレビで観たキックボクシングと併用したことで、238ポンドあった身体から100ポンド以上の減量に成功した。それまで食のビジネスに関わったことはなかったが、これは伝えるべきことだと感じ、自分が食べて美味しく、かつ栄養バランスの取れていると思うものだけをすべてスクラッチから作り提供する。原材料にもこだわり、遺伝子組換え作物は使用せず、調味料も限りなく減らし、素材を大事に引き立てている。

To Goでオーダーする人も多い、毎日飲んでも飽きないヘルシードリンク

To Goでオーダーする人も多い、毎日飲んでも飽きないヘルシードリンク
Photo by Mana Kimura


 レイカーズのレジェンド、コービー・ブライアントも立ち寄ると必ず飲むというKale Power Smoothie(5.95ドル)。ケールの苦味はなく、バナナやリンゴのお蔭で甘さが際立つ。味わいは濃厚だが、スムージー独特のとろみはなく、むしろ口当たりはさらっとしている。

華やかな見た目のケールサラダはファンが多い看板メニュー

華やかな見た目のケールサラダはファンが多い看板メニュー


 ランチタイムに出揃うサラダは6種。それぞれを単品でオーダーすることも可能だが、1スクープごとにお好みで何種類でもミックスできる。さらにたんぱく質を加えたい人には、ツナサラダをプラスするオプションも。一番人気はフレッシュなストロベリーが見た目も鮮やかなKale Power Salad(S:6.95ドル、L:10.95ドル)。ブートキャンプでお馴染み、OC在住のビリー隊長も大好きだとか。ハンドトスで軽く優しく混ぜているドレッシングは、レモンやタイムなどのハーブが中心の自家製スペシャル。すっきりした酸味をまとったケールに小さく刻まれたリンゴとデーツが適度な甘みを添える。その他にもキヌアのサラダやキャベツをメインにした“抗酸化サラダ”など、「100%アルカリ性なものを提供したい」というこだわりが随所に感じられる。

素材の持ち味を生かしたツナサンドイッチはボリューム抜群

素材の持ち味を生かしたツナサンドイッチはボリューム抜群


 11時から始まるランチタイムの人気メニューはサンドイッチ。最低限のマヨネーズ、塩コショウと刻んだセロリだけで味付けされたツナサンドイッチはオープンサンド。薄くスライスしたバゲットの上にボリュームたっぷりのツナサラダ、キュウリ、トマト、アルファルファが盛られている。サンドイッチはサラダやスープとのハーフ&ハーフコンビネーションも可能だ。

モチッとした生地とフレッシュなイチゴとバナナがヌテラと合わさる優しい甘さ

モチッとした生地とフレッシュなイチゴとバナナがヌテラと合わさる優しい甘さ


 終日オーダーできるクレープはオーダーごとに1枚ずつ丁寧に焼き上げる。運ばれてくると、ふんわりと焼きたての甘い香りが鼻をくすぐる。甘いものが苦手な人にはイタリアンクレープやハムとチーズのクレープもある。

 女性スタッフ4人が気を配る居心地の良い店内は、奥の小さなオーブンからバターの香りが常に漂う。オーブンから出てきたばかりのクッキーを1枚いただき頬張ると、アーモンドフラワーとバターを練り込んだ生地がほろっと口の中で崩れ、ストロベリージャムの自然な甘みと酸味が後追いする。ソーサー付のアンティーク調の陶器のカップで出されたカプチーノを飲みながら、自宅のそばにぜひ欲しいと思う毎日でも通いたくなるカフェである。

ワイルド・ストロベリー・カフェ / Wild Strawberry Cafe

ワイルド・ストロベリー・カフェ / Wild Strawberry Cafe

住所: 240 Newport Center Dr. #100, Newport Beach, CA 92660
Tel: 949-706-0462
時間: 7:30am〜5:00pm(月〜金)
    9:00am〜3:00pm(土)
    日曜日定休日
Web: http://www.wildstrawberrycafe.com


取材・文=村山 房子
LA在住15年。会社員、フィットネスインストラクターと多忙な毎日でも自炊は欠かさず。
Foodieな日系人のだんなと猫2匹の明るいLAライフ。

写真協力 = Wild Strawberry Cafe

2016年7月号掲載